【おとなアロマ】~人生にもう一度恋したいアラフィフ世代に

香りとQOL向上・健康寿命延長の関連について生涯現役最強アロマ講師を目指す元製薬会社研究員がお伝えします。

アロマテラピーのバリアフリーを目指して講師活動中。 公益社団法人日本アロマ環境協会(AEAJ)認定スクール アロマテラピースクールまいかオフィシャルブログです。

テレビが与える影響の大きさ

みんなの家庭の医学」で認知症予防のアロマとして
朝:ローズマリー、レモン
夜:ラベンダー、オレンジ
が紹介されていたそうです。

番組放映について私は全く知らずにいたのですが、ご近所にお住まいの方から、「母にアロマについて聞かれたので、教えていただけませんか?」とお声掛けをいただき、急遽明日個人レッスンをさせていただくことになりました。

なんのことやら、と調べてみたら精油を売っているショップは問い合わせ・注文が増えて大忙しだった模様・・・

アロマが注目されるのはうれしいことですが、その反面で正しい使い方や危険性を理解したうえで安全に使っていただく方法を丁寧に伝えられているのかな、と心配にもなります。それぞれのご家庭に合わせた伝え方も考えないと・・・

お子様がいらっしゃるのか、妊娠していらっしゃるか、
ご高齢世帯なのか、薬を服用していらっしゃるのか、血圧など体調はどうか

などなど・・・


アロマテラピーを知らなかった頃なら、私も「認知症予防できる!」と聞いたら、一生懸命嗅いじゃうかも。
しかし嗅覚は疲労しやすいので、一定の刺激の後にはにおいを感じにくくなります。そのあとでもっともっと と付け足して嗅いでいたら、「嗅ぎ過ぎ」でかえって具合が悪くなるかもしれません。

また、精油ショップで売り切れていて100円ショップで見つけてそれを使ってしまうかもしれません。100円ショップで売っているのは合成香料なので、アロマテラピーとは異なりますので注意が必要です。

ほどよくここちよく、楽しんでいただける方法を工夫して、明日は臨みたいと思います。