【おとなアロマ】~人生にもう一度恋したいアラフィフ世代に

香りとQOL向上・健康寿命延長の関連について生涯現役最強アロマ講師を目指す元製薬会社研究員がお伝えします。

アロマテラピーのバリアフリーを目指して講師活動中。 公益社団法人日本アロマ環境協会(AEAJ)認定スクール アロマテラピースクールまいかオフィシャルブログです。

4回目の3月11日

長岡市、昨日から吹雪いています。
雪の壁がすっかり消えそう~と思っていたところで、さりげなく雪の女王が再来。
でも「これから冬か~」って思うのと、「もうすぐ春だ~」と思いながら見るのとでは大違い。
なごり雪」だと思えば、気持ちにゆとりがあります。

3月11日を迎えました。
私のなかの、大切なターニングポイントになった日。

何もできない無力な自分、でもなにかしたい。
そんな一心で、たくさんのことを選び、たくさんのことに別れを告げました。

長岡も中越地震で大きな被害を受けた場所。昨年で10年経ちました。
そのときの恩返しに、とアロマで協力をしている仲間も身近にいます。

AEAJ復興支援ボランティアで初めて伺ったのは名取市でした。
仮設住宅の集会場でアロマ体験をしていただいた時のことを、私は一生忘れないでしょう。
その体験があって、私はインストラクター、セラピストになったのです。

それから毎年、参加してきました。
今年は4年目。AEAJにはぜひ継続してほしい。3年で一区切りなんて、つかないです。

息の長い支援を、私なりに続けていきたいと考えています。
生かされているということは、そういうことだと思うから。