【おとなアロマ】~人生にもう一度恋したいアラフィフ世代に

香りとQOL向上・健康寿命延長の関連について生涯現役最強アロマ講師を目指す元製薬会社研究員がお伝えします。

アロマテラピーのバリアフリーを目指して講師活動中。 公益社団法人日本アロマ環境協会(AEAJ)認定スクール アロマテラピースクールまいかオフィシャルブログです。

【参考書】セラピスト、セラピストを目指す方にお薦めしたい、最新刊2冊

AEAJ認定アロマセラピストaromaiccaです。

ハンドセラピスト養成講師もしています。

 

今日はセラピストを目指す方にお薦めしたい本2冊をご紹介します。

テクニックや知識では補えない部分、現場に負けないメンタリティ+目の前のひとによりそうホスピタリティについて、書かれています。

ぜひ、お手に取って丁寧にお読みいただけたらと思います。

 

(1)隔月刊雑誌「セラピスト」

セラピスト 2016年 02 月号 [雑誌]

セラピスト 2016年 02 月号 [雑誌]

 

臨床アロマセラピスト相原由花先生と、看取り・介護の経験をお持ちの岩間先生の対談。クライアントさんに「もっと強く」って言われたことのある方。必読!

自然療法スクール マザーズオフィス「アロマテラピーの学校」の男性セラピスト講師、中安先生の記事もあります。 

 

(2)コミックス「海街ダイアリー」

海街diary 7 あの日の青空 (flowers コミックス)

海街diary 7 あの日の青空 (flowers コミックス)

 

この物語は、自分のこころの状態によって、何度読んでも違うストーリーに気づく、丁寧な緻密な物語だな~と愛読しております。

セラピストの記事を読んだ後でこれを読むと、看護師・銀行員の姉妹の言葉がまた染み渡ります。

まとめ:すべての人にぜひ読んでほしい!

セラピストをはじめ、ケアラーがよく陥りがちな、

「わたしの力でなんとかしてあげたい」という気負いも、

「わたしなんか、まるで駄目だ」という必要以上の卑下も

どちらもいらない。

ただ、そっと、そこにいるだけで、いい。

それを教えてくれるこの2冊の本。セラピストや医療従事者、誰かのケアをしている方を含め、すべての人に読んでいただけたら、もう少し楽に生きやすいのでは、と私は感じました。