【おとなアロマ】~人生にもう一度恋したいアラフィフ世代に

香りとQOL向上・健康寿命延長の関連について生涯現役最強アロマ講師を目指す元製薬会社研究員がお伝えします。

アロマテラピーのバリアフリーを目指して講師活動中。 公益社団法人日本アロマ環境協会(AEAJ)認定スクール アロマテラピースクールまいかオフィシャルブログです。

基本がわかっていれば、あるものでなんとでもできる!アロマクラフト

1/12, 13と自然療法スクールアロマテラピーの学校横浜校で「精油の化学」を受講してきました。

1日5時間、2日間連続。終わった後は、充実感!
講師の久保田先生はとってもエネルギッシュでいてかわいらしく、心豊かな素敵な先生でした。
一緒に受講されていた皆さんも、アロマテラピーが大好きで伝えたいと思っている人たち。
とってもいい雰囲気のクラスでした。

修了書をもってみんなで集合写真を!と思っていたのに、言い出せなかったやっぱりチキンな私・・・
世間は狭いので、またきっといつかお会いできる時までの楽しみにしておこう。
そのときには、あのときたてた誓いにきちんとむかっています!って姿をお見せしたいです^^

まずは、認定校用テキストの見直しを期限内に済ませる^^;☆

--------------------------

そうそう、タイトルの「あるものでなんとでもできる」アロマクラフトですが・・・
「アロマクラフトっていろいろと材料をそろえないと大変…」って思いませんか?

実は昨日、久保田先生から【ミツロウを使わないクリーム作り】を教えていただいたのです。
クリーム作りといえばミツロウ、ミツロウは融点が高いから熱をかける必要があります。
そのためには道具が必要になったり、小さいお子様が一緒だと心配だったり…
それをクリアする方法を教えていただいたのです。

教えていただいた方法通りに作るとしたら、紹介していただいた新たな基材が必要になります。
でも・・・よく考えてみたら必要なのは水分とオイル、ジェル化・乳化させるための基材。そして材料を扱うコツ。

な~んだ、見まわしてみたら家に芳香蒸留水・植物油・キサンタンガム・グリセリンがあるじゃな~い♪
つくり方のコツはドレッシングづくりと同じよ~
水と油の配分次第でクリームにも乳液にも変えられる、すごーい!
しっとりしながらもオイルよりべたつきが控えめで、使いやすい。自分にこんなことができるなんて!と感動しました。

自分の今持っているものを見直してみると、新たな発見があるかもしれません^^