大人の学び直し・リカレント学習にアロマテラピー~知って・わかって・役に立つ!抗わないエイジング

アロマテラピーはおとなの総合学習。アラカンのわたしが香りとQOL向上・健康寿命延長について「10年前のわたしが知りたかったこと」を中心に、生涯現役最強アロマ講師を目指して学んでいること・最新キャッチアップ情報を現在進行形でお伝えします。

アロマテラピーのバリアフリーを目指して講師活動中。 公益社団法人日本アロマ環境協会(AEAJ)認定スクール アロマテラピースクールまいかオフィシャルブログです。

季節のセルフケア

【二十四節気の香り養生】大暑(たいしょ):2024年は7月22日~過ごし方とイメージする香り

2024.7.22 16:44-は、大暑(たいしょ)です。 大暑とは 大暑とは、辞書によると 立秋前、1年で一番暑い時期 とあります。 大暑の過ごし方 「無理しない」…このひとことに尽きるのではないでしょうか… 季節の切り替わり時期、身体の秋支度を始める時期ですか…

【月相の香り養生】7月満月のアロマ&ハーブ:ゼラニウム、メリッサ、ペパーミント

2024.7.21 19:17頃、満月 AEAJコンテンツ「月のリズムでボタニカルケア」によると 満月 (溢れるとき) まんまると大きなお月さま。その姿を鑑賞して楽しむ習わしは現在まで受け継がれています。満月の輝きと堂々とした姿は力がみなぎっているかのよう。同じよ…

【二十四節気の香り養生】夏土用:2024年は7/19-8/6

2024.7.19は土用入りです。 土用とは 季節の変わり目の「助走期間」、特に養生が必要な時期と言われています。 今なら暑さ真っ盛り!ではあるけれども、8月に入ればもう立秋。夏バテ予防のためにも、いまの時期の過ごし方、大事です。(実感を込めて、自戒を…

【二十四節気の香り養生】小暑(しょうしょ):2024年は7月6日~過ごし方とイメージする香り

2024.7.6 23:20 は小暑 AEAJ機関誌96号で紹介されていたブレンドは ライム ジュニパーベリー グレープフルーツ シベリアモミ ネロリ フランキンセンス シンプルに、より身近に、夏を感じる香りを選んでみました。 食用ハーブをウォッカに付け込んでもおいし…

【月相の香り養生】6月満月のアロマ&ハーブ:ゼラニウム、メリッサ、ラベンダー

2024.6.22 10:08頃、満月 AEAJコンテンツ「月のリズムでボタニカルケア」によると 満月 (溢れるとき) まんまると大きなお月さま。その姿を鑑賞して楽しむ習わしは現在まで受け継がれています。満月の輝きと堂々とした姿は力がみなぎっているかのよう。同じよ…

【二十四節気】夏至(げし):2024年は6月21日~過ごし方とイメージする香り

2024年6月21日5時51分、夏至(げし)を迎えます。 夏至とは 夏至とは、辞書によると 太陽が最も北に寄り、北半球では昼が一番長い日。北極では太陽が沈まず、南極では太陽が現れない。 とあります。こんな図を理科の教科書で見た記憶、ありませんか? ヨーロ…

【二十四節気】芒種(ぼうしゅ):2024年は6月5日~過ごし方とイメージする香り

芒種とは 芒種とは、辞書によると 稲・麦など芒(のぎ)をもつ穀物の種をまく時期とされていた。 とあります。麦を刈り取った後に稲を植える、というところもあるようですが、新潟県長岡市では、絶賛!田の草取りが始まる時期です。 無農薬の田んぼでは、草…

【二十四節気】小満(しょうまん):2024年は5月20日~過ごし方とイメージする香り

2024年5月20日22時は、小満(しょうまん)です。 小満とは 小満とは、辞書によると にがな (苦菜) が山野にはびこり,なびきぐさが枯れ,暑さを感じる時期 秋に蒔〔ま〕いた麦などの穂がつく頃で、ほっと一安心(少し満足)する 万物がしだいに長じて満つる意 …

【二十四節気】立夏(りっか):2024年は5月5日~過ごし方とイメージする香り

2024年5月5日 9:10頃、立夏(りっか)を迎えます。いよいよ暦の上でも夏! 立夏とは 立夏とは、夏のスタート。 端午の節句、こどもの日あたりになることが多いですね。 立夏の過ごし方 端午の節句といえば菖蒲湯。 栽培、収穫の風景が茨城新聞社さまが取材さ…

【二十四節気】穀雨(こくう):2024年は4月19日~過ごし方とイメージする香り

2024年4月19日 23:00は、穀雨(こくう)です。土用期間でもあります。 穀雨とは 穀雨とは、百穀を潤す春の雨。降る雨が大地に浸み込み、田畑に蒔かれた種が育つのを助ける、といいます。「春雨じゃ、濡れてまいろう」というセリフもあったような。 穀雨の過…

春土用(はるどよう):2024年は4/16から5/4まで

立夏の前18日間、春土用 4/17から立夏前日の5/4まで、春土用です。 土用とは 次の季節のための準備期間ととらえていて、からだとこころを養生するとよいといわれています。わたしも意識して、次の季節に備えるようにしています。 季節の変わり目はこんなふう…

【二十四節気】清明(せいめい):2024年は4月4日~過ごし方とイメージする香り

2024年4月4日16:02は、清明です。 清明とは 清浄明潔の略。春本番、天地が清々しく明るい空気に満ちる頃です。もちろん地域によって差はありますが、日差しや空の色は春の力を感じませんか? 清明の過ごし方 自然とともに春を謳歌したいな!と感じます。 旬…

【二十四節気】春分(しゅんぶん):2024年は3月20日12:06~過ごし方とイメージする香り

2024年3月20日12:06、春分を迎えます。 2月の立春からずっとウォーミングアップしてきて、 朝起きたら本格的に、「春のスタート、新学期!」という感じでしょうか。 春分とは 昼と夜の長さが等しくなり、春のお彼岸中日です。これから忙しくなる農作業を前に…

【二十四節気】啓蟄(けいちつ):2024年は3月5日~過ごし方とイメージする香り

2024年3月5日11:23am、啓蟄(けいちつ) 啓蟄とは 温かくなり、冬眠していた生き物たちが目覚め、もぞもぞ動き出すころ。 啓蟄の過ごし方 春分を前に、本格的に「動き出す」時期。 縮こまっていたからだ、いきなり動かすより、 ストレッチや準備運動をしてか…

【二十四節気】雨水(うすい):2024.2.19 13:13

2024.2.19は二十四節気の雨水 ついに春です!雪国はまだまだ寒いですけども!もうひといき!何度でもいう! 温かい地方の花の便りにジェラシーを感じつつ憧れつつ、ゆっくりゆっくり変わっていく季節を感じていきたいです。 雨水の過ごし方 一年の計にむけて…

【二十四節気】立春(りっしゅん):2024年は2/4 17:27

二十四節気の立春は、1年のスタート ついに春です!雪国はまだまだ寒いですけど!もうひといき! 温かい地方の、梅・水仙・菜の花の便りを憧れつつ、ゆっくりゆっくり変わっていく季節を感じていきたいです。 立春の過ごし方 一年の計、立て直す 1年の始まり…

【二十四節気】(番外編)節分(せつぶん)~二十四節気の大みそか

【節分、二十四節気のおおみそか】 こんにちは。明日は立春、その前日は節分です。 鬼を祓い、新しい春を清く迎える、いわば「二十四節気の大晦日」なのです。 こういったことにわたしが興味を持ち始めたのは、岡野玲子氏の陰陽師を読んだのがきっかけでした…

冬土用:花粉症による不快な症状対策~アロマ&ハーブ活用法とドラッグストアで購入できる薬

2024.1.18-2.3の間、冬土用です。 以前、次の季節に備えた身体づくり・生活習慣改善を、という記事をアップしました。 aromaicca.hatenablog.com 今回はより具体的な、対策についてのお話です。 花粉飛散予測も出ています。 <ポイント>1. 暖冬で飛散開始が…

【二十四節気の香り養生】大寒(だいかん):2024年は1/20 23:07

2024年の1/20は二十四節気の大寒です。 冬至は陰の極み、大寒は寒さの極み、春に向かって最後のトンネルをくぐっている、最終コーナーという感じでしょうか。もうひといき! 寒の栄養 ちょうど冬土用の時期でもあります。 aromaicca.hatenablog.com 栄養価の…

冬土用(ふゆどよう)2024年は1/18~2/3(節分):花粉症に備えてよく眠り自律神経を整えましょう

立春の前18日間、冬土用 2024年は1/18 0:24から節分の2/3まで、冬土用です。 土用とは 次の季節のための準備期間ととらえていて、からだとこころを養生するとよいといわれています。わたしも意識して、次の季節に備えるようにしています。 季節の変わり目は…

【二十四節気】小寒(しょうかん):2024年は1/6 5:49am

2024年の1/6早朝に二十四節気の小寒です。 小寒とは 小寒(しょうかん)とは、「寒の入り」といわれ、これから更に寒さが厳しくなるころ。小寒から節分までの三十日間のことを「寒の内」といいます。寒が明けると立春になります。 冬至のときにこんな風に自…

【月相の香り養生】上弦の月~満月のおすすめアロマ&ハーブ12月

2023.12.20上弦の月から12.27満月の間におすすめハーブ&アロマ AEAJ「月のリズムでボタニカルケア」コンテンツによると、ローズオットーとレモングラス。 希望でいっぱい。 (中略) 前向きな気持ちと行動で、心も体も満たされて豊かなとき。 右肩上がり、…

【二十四節気の香り養生】冬至(とうじ):2023年は12/22

冬至:2023.12.22 12:27 12/22の昼、二十四節気の冬至を迎えます。 二十四節気 冬至(とうじ)とは 昼が一番短い日。陰の極み、です。くらーいイメージがありますが、私はいつからか「明日からは日が長くなっていくんだ!」と前向きになりました。 実際は雪…

【月相の香り養生】新月~上弦の月にかけてのアロマ&ハーブ12月:ユーカリ、ゆず

2023.12.13新月から12.20上弦の月までの間「芽吹きの時」 新月~上弦の月へ (芽吹きのとき)新月から少しずつ月が姿を見せ始めるとき。糸のように細い「二日月」や有名な「三日月」がみられるタイミングです。細く繊細な月が少しずつふくらんでいく様子はまる…

【月相の香り養生】下弦の月~新月のアロマ&ハーブ12月:乳香、白檀、

2023.12.5下弦の月~12.13新月「手放すとき」 AEAJコンテンツ「月のリズムでボタニカルケア」によると 月のリズムが一周巡り終えるとき。何も見えない新月へ向かう月の姿は、自分を整えるときを表しているかのよう。不要なものを手放して、新しい時間を始め…

【二十四節気の香り養生】大雪(たいせつ):2023年は12/7

12/7 18:33は二十四節気の大雪 2021年から始めた二十四節気投稿、これで3周目に入ります。 ダジャレがスタートなんです、実は。 突然の大雪(おおゆき)は困るので、雪堀りがイヤになんないていどにお願いします…と毎年祈る雪国の人です。 二十四節気 大雪(…

【二十四節気】小雪(しょうせつ):2023年は11月22日~過ごし方とイメージする香り

2023年11月22日23:03、小雪(しょうせつ)を迎えます。 もうすぐ雪が来るよ… 小雪とは 小雪とは、辞書によると わずかながら雪が降り始めるころ。『暦便覧』では「冷ゆるが故に雨も雪と也てくだるが故也」と説明している。 とあります。 谷川岳、越後三山も…

【月相の香り養生】11月新月のアロマ&ハーブ:オレンジスイート、ベチバー、

2023.11.13(月)18:27、新月 2023.11.13 18:27新月のホロスコープ新月、って太陽と月が重なっているんだなぁ、と今更気づく… Star Navigator | ARI 占星学総合研究所 今月のこよみ - 国立天文台暦計算室 ちなみに先月の新月は、日本からは見えませんが金環…

【二十四節気の香り養生】立冬(りっとう):2023年は11月8日~過ごし方とイメージする香り

2023年11月8日1:36頃、立冬(りっとう)を迎えます。 冬が来るよ… 立冬とは 立冬とは、辞書によると 11月7日頃 立冬とは、冬の始まりという意味です。太陽の光が弱まり、冬枯れの景色が目立つようになります。 冬の季節風第1号が吹き出すのがこのころにあた…

【二十四節気】霜降(そうこう):2023年は10月24日~過ごし方とイメージする香り

2023年10月24日は、霜降(そうこう)です。 ちなみに絶賛、秋土用の真っ最中でもあります。 aromaicca.hatenablog.com 霜降とは 霜降とは、辞書によると 霜が降りそうな頃 とあります。寒さが本格的になってくる頃です。紅葉も進みます。 新潟県長岡市、朝晩…

友だち追加