【おとなアロマ】~人生にもう一度恋したいアラフィフ世代に

香りとQOL向上・健康寿命延長の関連について生涯現役最強アロマ講師を目指す元製薬会社研究員がお伝えします。

アロマテラピーのバリアフリーを目指して講師活動中。 公益社団法人日本アロマ環境協会(AEAJ)認定スクール アロマテラピースクールまいかオフィシャルブログです。

ホイップシアバタークリームづくり

アバターは植物性油脂。融点が体温よりやや高めなので、手に取るときは固形状、手のひらで温めるとほわ~と優しく溶けていきます。
冬場はやや硬すぎる感触になるので、ホイップバター風に作ってみたい・・・とネットでレシピを探してみましたが、なかなか思うテクスチャーにならず。

というわけで先日石けんづくりの機会に、アロマティカの木下先生にお尋ねしてみましたところ・・・

アバターもメーカー・販売元によってそれぞれ特徴があるので、まずは脂1:油1から調整して、自分の好みになるところをトライ&エラーで探してみるといいですよ~ と教えてくださいました。

そうか~、私、ざっくり目分量で適当にやりすぎてたわ(反省)・・・というわけで、重さを量って再トライ!
{2AF1662A-E167-45EF-A5EC-C9C7D7D03814:01}
香りづけは薔薇の芳香蒸留水にしました。手にした瞬間にほんのり香りますが、肌にすぅっとなじんだ後には香りは残りません。
なので家事の合間にもこまめに使いやすいのではないでしょうか。

脂(固形)・油(液体)・水分の割合次第で、自分の肌状態や季節にあったテクスチャーに変えられます^^
手づくりの可能性、無限大ですね☆